中学受験で力を使い果たさないように気をつけるのです

中学受験というと、それが全てのように考えてしまう親は多いものです。実際に私がそうでしたが、よく考えるとまだ先に受験はあるということです。子供が良い学校に入れれば将来が安泰だという意見を持っている人は多いかもしれませんが、それが100%正しいとは言い切れない現状です。実際に、学校に通っていれば一通りの教育を受けられるのですから、そこまで神経質にならないように気をつけなければならないのです。

サポートをしていくことが親の勤め

息子にプレッシャーを与えてしまった事があります。しかし、それによって勉強ができるようになったことはありませんでした。無理やりやらされる勉強ほど嫌なものは無いのは、私も子供時代に多く経験していたことでした。

良い学校には入ってほしいということで、勉強をやるように促す事はあっても無理をして中学受験だから頑張らなければならないと言うのは違うのです。

中学受験をして良い学校に入っても、まだその先には高校受験と大学受験があります。そこまでに息切れしないようにサポートをしていくことが親の勤めで有ると私は実感しました。そうなので、中学受験の最中は良い教材を探してくるなどを行って息子をサポートしていました。それが親の役割なのです。